スタンド襟の革ジャンやレザージャケットの保管方法は

極寒の韓国から帰って来ました。

ソウルは滞在中雪も降り、本当に寒かったです。

寒さ以外の話しも書きたいところですが、ソウルでのことは次の機会にして、今回はお客様とお約束していた記事を投稿します。

1月末に当ブログのコメント欄に、お客様からのご質問を頂戴しました。

質問内容は、ライダースの革ジャンをハンガー保管する場合、衿のジッパーを一番上まで上げるのと開くのとでは、どちらがいいかとのご質問。

正解は「どちらも正解!…」
なんて事を聞きたい訳ではないですよね。(すみません)

近年はライダースからコートに至るまで、スタンドタイプのレザーウエアがとても人気。
ニチワレリュームでも数々のスタンドタイプを扱っておりますが、出荷前に開いて保管しているアイテムと、立てている物とが存在します。

どちらの方法で保管するかは、それはそのレザーアイテムを着用時に衿を立てるか開くのか、どちらをメインとして想定しているかによって変わります。

例えばニチワレリューム定番人気である「1110012 ラムツインカラー
WEBのモデル写真をご確認いただければお分かり頂けるかもしれませんが、少し開いて着用されているのが分かるかと思います。

この様に衿を立てても着れますが、どちらかといえばデザイン上開いて着てほしい革ジャンは、原則衿を織りこんでの保管がオススメ。

ただしライダースの様に、本来立ち衿で着る商品に関しましては、やはり立てて保管された方がよろしいかと思います。

という事で、ご質問いただいたお客様のレザーを見ていなのでなんとも言えないのですが、ライダースですので衿を立てての保管が正解かと思います。

そんなレザーのスタンド衿ですが、一つだけ欠点があります。

それは革の性質上、布帛生地と違ってどうしても衿が上記の写真の様に「クシャッ」とした感じになってしまう事。

とくにラム革は柔らかさが魅力ではありますが、その分コシ感がない素材。
メンズ雑誌等でラム革のスタンド衿を着ているモデル写真のを見ても分かる様に、多少この様なヨレが発生します。

ですのでクローゼットで両サイドの衣類に挟まれての保管ですと、当然ですが衿がつぶれてしまいヨレが強くなります。

おそらくではありますが、ご質問のお客様もその辺りを心配しているのかと思われました。

そこで保管する際ですが、なるべく衿の形をキープする事をお勧めします。

方法としては衿の高さ×衿の周回より長めにカットした厚紙をまずは用意する。

それを衿の周回幅の箇所に対象の切り込みを入れて輪を作り、それを衿の内側差し込む。

これをするだけでも保管時の衿ヨレはかなり緩和されます。

またニチワレリュームの商品には、衿を立てて保管して欲しいデザインには、商品出荷時にプラカップを必ずお付けしていますので、それを捨てないで保管時にお使いただくのも効果があります。

ちゃんと収納したものの、それでも衿に強いヨレが出来た場合はプレスして修正するが方法があります。
その方法をちょうど一年ほど前のブログですが、投稿した記事も存在します。

実はこのご質問をいただく少し前ですが、当ブログに登場して下さった「ライターM」さんが衿ヨレの事に触れており、そのなかで一年前のプレス記事のリンクを張って下さっています。

もしよろしければ、そちらもご覧になって見ては如何でしょう。

ライターMさん2019/01/20の投稿記事は「こちら

来期に向けて、早くも新作レザージャケットの企画がスタート

2月に入りました。

新春クリアランスセールはまだまだ続きますが、ニチワレリュームは早くも来季に向けた企画もスタート。

新しい商品企画をするには、まず今シーズンに売れた商品分析から。
お客様の声、時期や各地域での動き等、様々な角度から分析をしてまだ一週間程度ですが、今シーズンの大よその動きは見えてきました。

とその前に。
先週投稿したブログの件で、同じようにニチワレリュームと同業他社様とのサイトを間違えそうになったと、別のお客様からもご連絡をいただきました。

お客様は旧ニチワ時代からのリピータ様でしたので、サイトを見て他社様だとすぐに気が付かれたようです。

先週の繰り返しになりますが、ニチワレリュームの商品は弊社の公式サイト、又は楽天直営サイトでの販売となります。

さて話しは戻ります。
企画に向けた様々な分析の中で、毎年の事ですが売れ筋や動きの鈍かった商品がどのアイテムだったのか、などの情報も出てきます。
そんななか、アイテムの中でカタログ掲載した全ての品番で動きが良かったのがメンズムートン。

ブルゾンタイプのムートンにB3タイプのムートン、そしてミドル丈のムートンコートまで、全てがシーズンインの直後から動きが良く、商品によっては12月の頭頃に完売した物もありました。

秋口や春先はレザージャケットや革ジャン&ライダースが良く動き、寒くなる12~1月は防寒用のレザーダウンやレザーコートが動くのが毎年の通例なのですが、不思議とムートンは時期に関係なく、もちろん現在でもよく動いております。

様々な分析や頂戴した多くのお客様の声も頭に入れつつ、既に来期向けたムートンのデザインや色目といった案はもちろん、レザーに使う革やデザインも含めて新作の構想を描いております。

その様なアイデアを持ち込んで、まずは来週韓国に入ります。

韓国でおこなう事は、まず各工場にて新年のご挨拶。

本日から韓国は旧正月休み。ですから来週は正月明けとなります。
まずは韓国語で「セーボンマニパドゥセヨ」とご挨拶。そう日本語の「あけましておめでとう」です。

そして既に思い描いている一部のサンプル依頼と、今年打ち出す革を決めるべく、イタリアタンナー(鞣し業者)の情報を掴みつつ、革の先行発注もして来る予定です。

旬の革を使った即戦力に、新色のルーキー、更には毎年定番人気のベテラン選手。野球風に例えるとこんな感じでしょうか。

さしあたって今回の韓国出張は、新しい革を見つけるいわばスカウト活動。

沢山の選手(サンプル)を集めて、ドラフト会議(本発注)を行ない、ラインナップを決めて秋に開幕(販売開始)。
まさにそんな感じで進みます。

今年初めての韓国入りは、まさに優勝するための第一歩。

頑張ってスカウト活動したいと思います。

革ジャン購入の店選び どこのブランドのレザーにするか

1月最後の投稿になります。

先日シンガポール発人気ティラミスの商標権問題が話題になりました。

実は3~4年前に義弟がシンガポール駐在時に現地で食べた思い出がありましたが、まさかこんな事で話題になるとは思ってもいませんでした。

両社間で何とか解決しそうですが、シンガポールの本家からしたら、まさに青天の霹靂だった事でしょう。

この様な深刻なお話ではございませんが、今シーズンお客様からご購入された商品についてのお問い合わせがありました。

続きを読む

手持ちのパンツが映えるレザーコーデ

おはようございます。ライターMです。

今日はセール情報ではないですが、ちょっとトクする(?)情報を。
レザーアイテムを選ぶ時、男性はどんな基準で選んでいるのかなーと思い、IT系オシャレメンズにヒアリングしてみました。

すると逆質問が・・・

「自分のワードローブを活用できるレザーアイテムがいいんだけど、どう選んでいいのかわかんないんだよねー。どうしたらいい?」

なるほど。
では本日はこんな提案を。

例えばあなたのお気に入りのパンツを思い浮かべてください。
その色は何色ですか?形や素材は?

ということで、今日は「手持ちのパンツが映えるレザーアイテム」、という逆の発想でコーデ提案をしてみます。

続きを読む

年明け開催の臨時店舗攻略法!

おはようございます。ライターMです。

新春第1弾の名古屋店舗は、盛況のうちに昨日終了しました。
私は一昨日にお店を覗いてきましたよ。お客様対応の合間に、スタッフのTonyさんとおしゃべりをしてきました。

続きを読む